美容液の定義と基礎知識

美容液は保湿成分や美白成分などの美容成分が濃縮して配合されている、基礎化粧品の1つです。1975年に発売されたコーセーRCリキッドが先駆けとなり1980年代に外資系メーカーのエスティローダーと資生堂が高性能美容液として商品を売り出し日本で広まりました。通常は美容成分の肌への吸収力を高めるため、化粧水などで肌を整えた後油分の基礎化粧品を塗布する直前に肌へ使用することが多いです。また、有効成分が高濃度で配合されているために他の基礎化粧品と比べて高価格であることが多いのです。では、美容液が含まれている基礎化粧品がどんなものか少し触れて置きたいと思います。基礎化粧品はメーキャップ化粧品と呼ばれているファンデーション・グロス・アイブローライナー・アイシャドーなどに対して、肌を健康な状態で保ち続ける目的で洗顔用化粧品(洗顔料)・化粧水・美容液・乳液・クリームなどを指し示す用語です。よくメーキャップ化粧品と区別が付かないことが多い。メーキャップ化粧品は基礎化粧品とは違い、肌荒れ・しみ・しわなどの見せたくないものを隠したり、肌に立体感を与えたりして一時的に美しさを引き出すのを目的に製造されています。一般的に美容液に配合されていることが多いのは、ビタミンC・ビタミンE・アルブチン・レチノール・ヒアルロン酸・コラーゲン・ハトムギエキス・海藻(ミネラル)エキス・トラネキサム酸・エラスチンなどです。これらの成分によって目的とされている、肌を健康な状態を保ち続けることを実現させているのが基礎化粧品であり、美容液もその1つに当たるわけです。

◆注目情報◆
・レーザー脱毛を専門に行う、中央クリニックのサイトです・ ・・・ 脱毛 専門